個別援助技術(ケースワーク)の原則と進め方について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数667
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1. 個別援助技術とは
     個別援助技術とは社会福祉援助技術のうち直接援助技術に含まれ、援助者が利用者それぞれ固有の社会生活での諸問題の解決と達成を制度としての社会福祉諸サービスの提供と環境調整、更に利用者自身の社会的自立性の支援と育成を通じて実現することを目標にした専門援助技術の展開過程であり、ケースワークともいわれる。
    ケースワークの起源は、19世紀後半のイギリスにある。英国での慈善組織協会(COS)が貧困に苦しむ人々に対して友愛訪問員を送り慈善事業を展開したが、その際の訪問員に対する訓練を通じて次第に専門的な技法として確立されていった。
    1920年代以降はアメリカで発達。アメリカCOS指導者で、自身も友愛訪問員でもあったメアリ・リッチモンドなどによってケースワークの理論化、体系化がなされていった。
    2.個別援助技術の原則
     個別援助技術には社会福祉援助技術の歴史のなかで種々の理論があり、多様な理解が示されている。例えば援助者に必要な基本的な

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    個別援助技術(ケースワーク)の原則と進め方について述べよ。
    個別援助技術とは
     個別援助技術とは社会福祉援助技術のうち直接援助技術に含まれ、援助者が利用者それぞれ固有の社会生活での諸問題の解決と達成を制度としての社会福祉諸サービスの提供と環境調整、更に利用者自身の社会的自立性の支援と育成を通じて実現することを目標にした専門援助技術の展開過程であり、ケースワークともいわれる。
    ケースワークの起源は、19世紀後半のイギリスにある。英国での慈善組織協会(COS)が貧困に苦しむ人々に対して友愛訪問員を送り慈善事業を展開したが、その際の訪問員に対する訓練を通じて次第に専門的な技法として確立されていった。
    1920年代以降はアメリカで発達。アメリカCOS指導者で、自身も友愛訪問員でもあったメアリ・リッチモンドなどによってケースワークの理論化、体系化がなされていった。
    2.個別援助技術の原則
     個別援助技術には社会福祉援助技術の歴史のなかで種々の理論があり、多様な理解が示されている。例えば援助者に必要な基本的な姿勢を示したバイステックの7原則や個別援助を成立させる為に必要な要素を示したパールマンの4..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。