集合行動の社会心理について論ぜよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,607
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1. 集団・集合とは
     集団の概念的定義は明確でないが、単なる人々の集まりを集合とするならば、集団とはそこに含まれる人々の間に何らかの相互依存関係ないし相互影響過程が存在するものとして研究の対象としてきた。集団を以上の様に定義した場合、集合とは単なる人の寄せ集めであり、自然発生的で組織としては不十分であり、特に目標や目的を持たない集まりであるといえる。
    2. 集合行動とは
     集合行動とは不特定多数の人が、一時的に目的を持ち、相互に作用し合い、ややルーズなまとまりと方向性をもって行動する事である。集合行動の特徴は、明確な目標の欠如や相互作用も明確には組織されておらず、既存の社会体制に沿った集団行動様式から逸脱している事、集団規範がない等があげられる。
    ブルーマーは集合行動の感染説を唱えた。
    ブルーマーは人々の集合体を群衆・公衆・大衆の三つに分けた。
    群衆は更に四つに分けられる。街頭で一時的に形成される集団を日常的群衆とし、第二として野球観戦・観劇の観客を習慣的群衆とし、革命やリンチに加わる攻撃的な集団を活動的群衆とし、カーニバルや踊りのような肉体的開放感を味わう集団を表出的群衆とした。
    群衆はいずれも、最初に興奮を掻き立てるなんらかの事態に注意をひかれ、衝動を喚起され、日頃の自制心を失う。その様な群衆においてはミリングのプロセスが始まり、それを通じて共通のムードや感情や衝動が感染し、それらの強度が増幅されて、群衆は集合的な1つの単位として行為するようになる。群衆は、自発的で、一時的に活性化される存在と

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     集合行動の社会心理について論ぜよ。
    集団・集合とは
     集団の概念的定義は明確でないが、単なる人々の集まりを集合とするならば、集団とはそこに含まれる人々の間に何らかの相互依存関係ないし相互影響過程が存在するものとして研究の対象としてきた。集団を以上の様に定義した場合、集合とは単なる人の寄せ集めであり、自然発生的で組織としては不十分であり、特に目標や目的を持たない集まりであるといえる。
    集合行動とは
     集合行動とは不特定多数の人が、一時的に目的を持ち、相互に作用し合い、ややルーズなまとまりと方向性をもって行動する事である。集合行動の特徴は、明確な目標の欠如や相互作用も明確には組織されておらず、既存の社会体制に沿った集団行動様式から逸脱している事、集団規範がない等があげられる。
    ブルーマーは集合行動の感染説を唱えた。
    ブルーマーは人々の集合体を群衆・公衆・大衆の三つに分けた。
    群衆は更に四つに分けられる。街頭で一時的に形成される集団を日常的群衆とし、第二として野球観戦・観劇の観客を習慣的群衆とし、革命やリンチに加わる攻撃的な集団を活動的群衆とし、カーニバルや踊りのような肉体的開放感を味わう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。