社会変動の要因について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数883
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.社会変動とは
    ある社会の構造なり秩序、あるいはその構成要素が、なんらかの内部的または外部的事情によって、部分的にか全体的に、また短期的にか長期的に変化する事を社会変動という。社会構造は互いに依存しあい、時に対立する諸要素の相対的な均衡にすぎないから、絶対不変ではありえず、そのどの部分、どの要素におこった変化も他に波及し、早晩、変動を引き起こす。構造と変動は裏表の関係であり、構造のあるところ必ず変動がある、といってよい。
    2. 社会変動の諸相
    現代の様に社会が複雑かつ巨大になると、社会変動も甚だ多種多様な様相を帯びてくる。その原因としては、変動の動因が単一ではなく複数である事、様々な要因が一定方向にではなく異なった方向に働く事、諸要因の間やそれらと社会構造全体との間に様々な関連がある事、変動を担う人間の側に予測し統制しにくい主体的条件が作用している事、等による。
    社会変動は外部的要因による事もあれば、内部的要因による事もある。但し、国際的交流の激しい現代では、内部的か外部的かの区別はつけにくい。外圧による開国と維新、異文化との接触による文化変容、勝敗の別はあれ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会変動の要因について述べよ。
    1.社会変動とは
    ある社会の構造なり秩序、あるいはその構成要素が、なんらかの内部的または外部的事情によって、部分的にか全体的に、また短期的にか長期的に変化する事を社会変動という。社会構造は互いに依存しあい、時に対立する諸要素の相対的な均衡にすぎないから、絶対不変ではありえず、そのどの部分、どの要素におこった変化も他に波及し、早晩、変動を引き起こす。構造と変動は裏表の関係であり、構造のあるところ必ず変動がある、といってよい。
    2. 社会変動の諸相
    現代の様に社会が複雑かつ巨大になると、社会変動も甚だ多種多様な様相を帯びてくる。その原因としては、変動の動因が単一ではなく複数である事、様々な要因が一定方向にではなく異なった方向に働く事、諸要因の間やそれらと社会構造全体との間に様々な関連がある事、変動を担う人間の側に予測し統制しにくい主体的条件が作用している事、等による。
    社会変動は外部的要因による事もあれば、内部的要因による事もある。但し、国際的交流の激しい現代では、内部的か外部的かの区別はつけにくい。外圧による開国と維新、異文化との接触による文化変容、勝..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。