「少子化」の要因と児童に及ぼす影響について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数678
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1. 少子化とは
     長期的に人口が安定的に維持される合計特殊出生率を人口置換水準という。国際連合は標準的な人口置換水準を2.1と推計している。人口学において少子化とは、合計特殊出生率が人口置換水準を相当長期間下回っている状況の事をいう。
    経済発展と生活水準の向上に伴う出生率と死亡率の変化には、多産多死から多産少死、少産少死へ至る傾向があり、人口転換と呼ばれる。多産少死のとき人口爆発が生じる事は古くより知られ、研究が進められてきた。日本では江戸時代前半と明治以降の2度、人口爆発が起きた。
    かつて少産少死社会は人口安定的と考えられていたが、1970年代に西欧諸国で出生率が急落して以降、将来の人口減少が予測されるようになった。
    2.少子化の経緯
     少子化の主な直接原因は晩産化の進展による女性一人あたりの生涯出産数の減少である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「少子化」の要因と児童に及ぼす影響について述べよ。
    少子化とは
     長期的に人口が安定的に維持される合計特殊出生率を人口置換水準という。国際連合は標準的な人口置換水準を2.1と推計している。人口学において少子化とは、合計特殊出生率が人口置換水準を相当長期間下回っている状況の事をいう。
    経済発展と生活水準の向上に伴う出生率と死亡率の変化には、多産多死から多産少死、少産少死へ至る傾向があり、人口転換と呼ばれる。多産少死のとき人口爆発が生じる事は古くより知られ、研究が進められてきた。日本では江戸時代前半と明治以降の2度、人口爆発が起きた。
    かつて少産少死社会は人口安定的と考えられていたが、1970年代に西欧諸国で出生率が急落して以降、将来の人口減少が予測されるようになった。
    2.少子化の経緯
     少子化の主な直接原因は晩産化の進展による女性一人あたりの生涯出産数の減少である。
    結婚と出産が文化的に密接な関係を保っている地域では晩婚化の進展および生涯未婚率の上昇が晩産化・無産化に繋がる例が多い。
    日本の出生率低下は戦前から始まっていたが、戦時中の出産先送り現象の為終戦直後の1940年代後半にはベ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。