家庭と地域社会における保育のあり方について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数505
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    大学レポート

    代表キーワード

    家庭と地域社会

    資料紹介

    現代の家族が抱えている問題は多々あり、家族機能の低下や機能不全についても言及される。第一の原因として経済・社会状況の変化に伴い都市部への人口移動集中が生じ、核家族化が進み家族の規模が小さくなった事が上げられる。戦前日本での産業構造は農業を中心とした第1次産業の占める割合が多く、家族形態は大家族であった。
    戦後サービス業を中心とした第三次産業が増え続け、家族形態は夫婦とその子からなる核家族が増加した。近年家族形態はさらに小規模化する傾向にある。その結果家族機能の低下機能不全が表面化し始めている。多くの兄弟姉妹や祖父母との日頃の深い人間関係の中で、自然に豊かな人間形成ができるような子育てができなくなった。
    子育てをする女性が専業主婦となった場合、それまでの仕事をする生きがいを失い、閉ざされた日常生活の中で年配の祖父母の知恵を借りる事もできず、核家族の母親の育児ノイローゼや抑うつの問題の増加、児童虐待の増加にも関わりが懸念される。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     家庭と地域社会における保育のあり方について述べよ。
    家族機能の変化について
     現代の家族が抱えている問題は多々あり、家族機能の低下や機能不全についても言及される。第一の原因として経済・社会状況の変化に伴い都市部への人口移動集中が生じ、核家族化が進み家族の規模が小さくなった事が上げられる。戦前日本での産業構造は農業を中心とした第1次産業の占める割合が多く、家族形態は大家族であった。
    戦後サービス業を中心とした第三次産業が増え続け、家族形態は夫婦とその子からなる核家族が増加した。近年家族形態はさらに小規模化する傾向にある。その結果家族機能の低下機能不全が表面化し始めている。多くの兄弟姉妹や祖父母との日頃の深い人間関係の中で、自然に豊かな人間形成ができるような子育てができなくなった。
    子育てをする女性が専業主婦となった場合、それまでの仕事をする生きがいを失い、閉ざされた日常生活の中で年配の祖父母の知恵を借りる事もできず、核家族の母親の育児ノイローゼや抑うつの問題の増加、児童虐待の増加にも関わりが懸念される。
    兼業主婦の場合子育てと仕事の両立に社会によるサポートはまだまだ十分とはいえない。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。