「アメリカにおける医療制度の現状を説明するとともに、わが国の医療改革について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数298
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    大学レポート

    代表キーワード

    医療制度医療改革

    資料紹介

    )アメリカにおける医療制度の現状について
    アメリカにおける公的皆保険は特定の人々の為の制度である65歳以上の高齢者及びに障害者社会保険(メディケア)制度と低所得者の医療費扶助のため、各州政府が運営する公的扶助(メディケイド)の制度がある。メディケアは65歳以上の高齢者、障害年金受給者、慢性腎臓病患者を有する被保険者とその家族が対象者となる。またメディケアは入院サービスなどを保障する強制加入の病院保険(パートA)と、外来などにおける診療を保障する補足的な医療保険(パートB)の二つによって構成されており、財源もそれぞれ異なっている。パートAの財源は社会保障税であり、就労者の給与から2.9%(労使折半)が天引きされる仕組みになっている。パートBは任意加入であり、保険料は1人当たり43.8ドル(毎月/1997年)と、一般財源によって賄われている。一方メディケイドは低所得者・身体障害者3700万人(全人口の14%)をカバーしており、さらにこの制度は子ども・妊婦に手厚い保障があり、全米の子どもの2割、妊婦の4割がメディケイドでカバーされている。メディケアが連邦政府により一括して運営されているのと違い、メディケイドは州ごとの運営となっている。なぜなら貧困層のありようが州によって異なる為である。州は連邦法により定められた基準を守る限り、独自のメディケイド運営ができるようになっている。 メディケイドの支払いは、州および連邦政府が共同負担しているが連邦政府の負担は50-80%となっている(当然貧しい州に対しては連邦政府の負担割合が大きい)。メディケイド、メディケアともに1965年に創設され、その支出は増加し続け、1995年には州・連邦合算で1520億ドルに達していた。連邦政府はメディケア・メディケイドを合わせると、公的医療保険に2500億ドル(総予算の16.4%)を支出している。メディケイドは通常の医療サービスをカバーする以外に、他の医療保険がカバーしない長期ケアをもカバーしている。例えば老人が脳卒中を起こした場合、メディケアは急性期のケアおよびリハビリテーションはカバーするが、ナーシング・ホームでの長期介護はカバーしておらず後遺症で長期介護が必要となった場合、患者は年間3万5000ド

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「アメリカにおける医療制度の現状を説明するとともに、わが国の医療改革について述べよ。」
    (1)アメリカにおける医療制度の現状について
    アメリカにおける公的皆保険は特定の人々の為の制度である65歳以上の高齢者及びに障害者社会保険(メディケア)制度と低所得者の医療費扶助のため、各州政府が運営する公的扶助(メディケイド)の制度がある。メディケアは65歳以上の高齢者、障害年金受給者、慢性腎臓病患者を有する被保険者とその家族が対象者となる。またメディケアは入院サービスなどを保障する強制加入の病院保険(パートA)と、外来などにおける診療を保障する補足的な医療保険(パートB)の二つによって構成されており、財源もそれぞれ異なっている。パートAの財源は社会保障税であり、就労者の給与から2.9%(労使折半)が天引きされる仕組みになっている。パートBは任意加入であり、保険料は1人当たり43.8ドル(毎月/1997年)と、一般財源によって賄われている。一方メディケイドは低所得者・身体障害者3700万人(全人口の14%)をカバーしており、さらにこの制度は子ども・妊婦に手厚い保障があり、全米の子どもの2割、妊婦..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。