福祉専門職に必要な倫理と能力についてまとめ、自分なりの見解を述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数809
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    わが国は本格的な高齢社会に突入しつつある。今まで以上に福祉専門職にはその職、資格に見合った能力と福祉独特の倫理感が必要となってくるであろう。実際におきた事例も含めて考えて行きたい。
    (1) 福祉専門職とは
    公私の社会福祉期間、施設、団体などに所属し、社会福祉サービスの提供に従事する者を社会福祉従事者という。これは専門職を問わず社会福祉サービスの提供に関わる者全てを指す。平成11年の時点で106万人に達している。そのうち一定の教育、訓練によって社会福祉の専門知識、技術、倫理、を習得し、実践的に社会福祉援助技術を用いて問題解決を行う能力を有する。すなわち福祉の専門性を持つと認定されたものを福祉専門職という。代表的なものではソーシャルワーカー、社会福祉士、介護福祉士等が上げられる。この専門職が行うべき仕事が社会福祉援助活動であると言える。
    (2) 社会福祉援助活動とは
    人間としての尊厳を守り生活するうえで不可欠な基本的人権を擁護していくためにはその人一人一人の不断の努力が必要でありそれを支援する事である。また実際に必要となるのは自分一人では解決できないような大きな困難を抱えた人に対してである。この援助は一方的に押し付ける物でなくその人がその人らしい生活を送っていくために自己決定を求め自立支援をしていく事である。
    この援助活動は広義と狭義に分ける事ができる。広義な意味では社会福祉に関連したあらゆる活動でありボランティア等の専門職によらない活動も含まれこれは活用できる社会資源のうちインフォーマルなものにあたる。狭義な意味としては社会福祉の専門教育や訓練を受けた者の手によって取り組

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「福祉専門職に必要な倫理と能力についてまとめ、自分なりの見解を述べよ」
     わが国は本格的な高齢社会に突入しつつある。今まで以上に福祉専門職にはその職、資格に見合った能力と福祉独特の倫理感が必要となってくるであろう。実際におきた事例も含めて考えて行きたい。
    福祉専門職とは
    公私の社会福祉期間、施設、団体などに所属し、社会福祉サービスの提供に従事する者を社会福祉従事者という。これは専門職を問わず社会福祉サービスの提供に関わる者全てを指す。平成11年の時点で106万人に達している。そのうち一定の教育、訓練によって社会福祉の専門知識、技術、倫理、を習得し、実践的に社会福祉援助技術を用いて問題解決を行う能力を有する。すなわち福祉の専門性を持つと認定されたものを福祉専門職という。代表的なものではソーシャルワーカー、社会福祉士、介護福祉士等が上げられる。この専門職が行うべき仕事が社会福祉援助活動であると言える。
    社会福祉援助活動とは
    人間としての尊厳を守り生活するうえで不可欠な基本的人権を擁護していくためにはその人一人一人の不断の努力が必要でありそれを支援する事である。また実際に必要となるのは自分..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。