高齢者が求める福祉専門職について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数376
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    大学レポート

    代表キーワード

    高齢者祉専門職

    資料紹介

    1.現在の高齢者が抱える問題について
    日本を初め先進諸国においては平均寿命が年々上がっている。また少子高齢化に伴い、人口減少し高齢化率は平成19年現在21.5%になっており、世界に類を見ない水準となっている。近年の家族形態は核家族が主流となっており、高齢者単身世帯、高齢者世帯も近年増加している。過去においては大家族が主流であったことから介護は家族で行う事が当然と考えられていたが、現在の状況ではそれも困難である。介護者の不在や老々介護といった問題もある。
    地域格差で考えると首都圏と比べると地方圏は若者が流出し、高齢者数が増加するという認識があるが誤りであり、高齢者の増加は首都圏の方が深刻な問題となる。認識を誤る要因は、現在高齢者が多い地域と、将来高齢者になる人(団塊の世代)が多い地域を混同し

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     高齢者が求める福祉専門職について述べよ。
    1.現在の高齢者が抱える問題について
    日本を初め先進諸国においては平均寿命が年々上がっている。また少子高齢化に伴い、人口減少し高齢化率は平成19年現在21.5%になっており、世界に類を見ない水準となっている。近年の家族形態は核家族が主流となっており、高齢者単身世帯、高齢者世帯も近年増加している。過去においては大家族が主流であったことから介護は家族で行う事が当然と考えられていたが、現在の状況ではそれも困難である。介護者の不在や老々介護といった問題もある。
    地域格差で考えると首都圏と比べると地方圏は若者が流出し、高齢者数が増加するという認識があるが誤りであり、高齢者の増加は首都圏の方が深刻な問題となる。認識を誤る要因は、現在高齢者が多い地域と、将来高齢者になる人(団塊の世代)が多い地域を混同してしまう事による。
    現在の高度な医療水準に伴い、脳血管疾患や心疾患といった以前では致命的な病にかかったとしても一命をとりとめ、代わりに長い療養、リハビリを余儀なくされ、また後遺症に悩まされるケースも多い。また寝たきり等介護を要するようになってから亡くなるまで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。