精神保健福祉施策の概要について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数528
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    1.精神保健福祉とは
     精神保健福祉は、精神障害者だけでなく、心の健康を保とうとする全ての人々のためのものである。
    精神障害を予防・治療しようという事だけでなく、心の健康を保持・向上させる活動を進めて行く事、そして何より様々な形での障害を抱えながらも、全ての人々が個人として尊厳を持って生きて行く事に繋がっているものである。
     障害を持とうが持つまいが、この社会で生きている人間として等しく尊重され、個人を大切にしながら、個人を超えて、同じこの世界に生きる者として心の健康を大切にする社会を共に作り上げて行く事が精神保健福祉の目的である。
     日本における精神保健福祉法制は精神保健及び精神障害者福祉に関する法律いわゆる精神保健福祉法に基づいている。
    精神障害者の人権に配慮した適正な医療を確保するとともに、精神障害者の社

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     精神保健福祉施策の概要について述べよ。
    1.精神保健福祉とは
     精神保健福祉は、精神障害者だけでなく、心の健康を保とうとする全ての人々のためのものである。
    精神障害を予防・治療しようという事だけでなく、心の健康を保持・向上させる活動を進めて行く事、そして何より様々な形での障害を抱えながらも、全ての人々が個人として尊厳を持って生きて行く事に繋がっているものである。
     障害を持とうが持つまいが、この社会で生きている人間として等しく尊重され、個人を大切にしながら、個人を超えて、同じこの世界に生きる者として心の健康を大切にする社会を共に作り上げて行く事が精神保健福祉の目的である。
     日本における精神保健福祉法制は精神保健及び精神障害者福祉に関する法律いわゆる精神保健福祉法に基づいている。
    精神障害者の人権に配慮した適正な医療を確保するとともに、精神障害者の社会復帰の促進を図るという観点から、昭和62年、平成5年、平成7年と改正が行われた。また平成12年、平成14年に地域福祉、在宅福祉、社会復帰を目的として法律の一部改正が行われている。
    平成5年に成立した障害者福祉法において、初めて精神疾患に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。