生理学「脊髄神経」

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数415
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    神経知覚運動生理学繊維細胞

    代表キーワード

    生理学脊髄神経

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    脊髄神経は、全部で31対あって、それぞれ前根及び後根をもって脊髄からおこる。前根の繊維は運動に、また後根の繊維は知覚に関係する。これを『ベル・マジャンディの法則』という。後根には脊髄神経節というふくらみが形成されている。ここには知覚神経細胞が集まっている。後根をつくる繊維、及び脊髄神経に含まれて全身に広がる知覚神経は、全てここの神経細胞の突起である。
    各脊髄神経は、椎間孔を出るとすぐに前枝と後枝とに分かれる。前枝は一般に後枝より太く、上下のものと吻合して神経叢を形成したのち、体幹の外側部と腹側部、及び四肢に分布する。後枝は体幹背側部の皮膚と脊柱を動かす骨格筋に分布する。脊髄神経の分布は規則的で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。