生活保護のあり方

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数190
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    被保護者の動向をみると、大筋においては社会・経済的な情勢に応じ、その数を増減させてきているが、とくに近年の動きは質的な変化もみられている。すなわち被保護者を世帯類型別にみると、傷病・障害者世帯(42・1%)、高齢者世帯(44・4%)、母子世帯(8・4%)などの占める割合が高い。これはなんらかのハンディキャップを持ち、しかも非稼働世帯であるということであり、そのために自立更生は困難であるし、したがって保護受給期間の長期化と定着化がみられている。また保護開始理由のうち傷病をあげているものが3/4を占め、全生活保護費のうち医療扶助費の占める割合が過半数を越して60%近くに達しているということは大いに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。