スポーツ障害

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数206
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「腰痛症」
    腰痛を主訴とする器質的原因の不明な腰部スポーツ障害の総称名である。腰痛の発生様式により、急性発症と慢性発症がある。急性腰痛には、腰部捻挫による肉ばなれ、棘間靭帯の断裂や椎間関節由来の疼痛、筋・筋膜性腰痛、が含まれている。慢性腰痛としては、スポーツ活動のオーバーユースによる体幹筋自体の障害や筋腱付着部炎が主因であり、少なからず椎間板原性疼痛や椎間関節症候群が複雑に絡み合って発現していることも予想される。
    臨床症状
    痛みが主症状であり、急性発症は俗に言う“ギックリ腰”とも言われ、疼痛性の腰椎運動制限を伴い、可動痛をきたす。他覚的に筋の局所的な硬結(こり)や圧痛、筋腱付着部の圧痛、腰椎..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。