国語科教育法Ⅰ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数170
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    まず、国語科の指導過程とその重要性について述べていく。指導過程とは、学習の成立過程であり、学力の形成過程である。この学力という概念を国語科の立場では、言語を使う事によって行動し、人間的な生活を切り開いていく力と定義できる。更に学力を習得する学習内容と指導過程との関連を考えると、次の留意点が挙げられる。学習内容によって、学習方法・学習活動は異なる為、育てるべき力に見合った形で組織されるということである。これらを踏まえ、国語科の指導過程について具体的に述べていく。
    国語化の指導過程とは、国語学力としての言語能力を習得していく過程である。ことばの媒体による認識活動であり、言語習得の過程でもある。従って、様々な工夫・試みにより手法を模索する必要があり、知識・技術の恣意的・断片的な注入ではないことに注意が必要である。つまり、ことばの学習とは、現実的な言語活動を基礎に、ことばと事物との結合を体系化し認識を構造化して組織化するものである。
    例えば、読みの指導過程では、生徒が感動的に作品に出会い、深まりが一層増幅されるように努めることが第一歩である。そして、作品構造に即し、ことばの関係や文章の関係を押..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。