初等教育原理Ⅰ・Ⅱ2-1 2-22200文字以下完成版

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数107
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    459初等教育原理Ⅰ・Ⅱ-12-1
    2-1 エリクソンの心理社会的危機について説明し、さらに児童
    期までの危機の段階を説明せよ。
    はじめに
    エリクソンを学ぶうち、私はある漫画を重ねて考えるようになっ
    た。それは、小中学生時代に夢中になって読んだ作品で、今の小中
    学生にも根強い支持のある作品、ドラゴンボールZである。主人公
    孫悟空は、サイヤ人⇒スーパーサイヤ人⇒スーパーサイヤ人Ⅱ…と、
    新たなライバルや敵と遭遇するたびに、自らを鍛え、次々に自己の
    レベルを上げていった。自分を支えてくれる師匠や友人とのふれあ
    いも彼の成長に大きな影響があった。
     実は、人間というものは、元来そうして発育・発達していく生き
    物なのかもしれないと、私は今思っている。
    心理社会的危機
     さて、エリクソンは、発達過程に乗り越えるべきいくつかの危機
    があることを示し、その各段階の情緒的葛藤の状況を心理社会的危
    機と呼んでいる。発達過程の各段階で、新しい社会的な状況により
    新しい危機がもたらされ、それを克服できた時、自我を望ましい方
    向に発達させ、次の段階にスムーズに移行できる…というのだ。
    乳幼児期
    まず乳幼児期、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。