【メディア】商学総論MA-理解度チェック3

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数853
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「欧州諸国の商業研究の特性に関するまとめ」

     中世のイタリア経済社会では、後の商業への科学的アプローチが17~18世紀に始まるよりも前に、営利的生産活動に対する覚醒がおこり、その端緒を求めることができる。当時のイタリアは欧州文化の中心であり、世界商業・経済の一大中心地として形成されていた。そのため、14~15世紀にかけて、多数の商業記録が編纂された。代表的な商業文献は、パチョウリの「算術・幾何・比及び比例総覧)(注、以下邦訳)(1494年)やカトウルギの「商業と完全なる商人」(1573年)などがある。
     15世紀末になると、新大陸の発見と東インド航路の発見によって商業革命が訪れる。その影響から、欧州商業資本に金融市場が新たに開拓、欧州資本主義の発展は促進され、世界商業の中心地が地中海から大西洋に移動した。そして、1664年を境にフランス商業の時代が訪れた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「欧州諸国の商業研究の特性に関するまとめ」
     中世のイタリア経済社会では、後の商業への科学的アプローチが17~18世紀に始まるよりも前に、営利的生産活動に対する覚醒がおこり、その端緒を求めることができる。当時のイタリアは欧州文化の中心であり、世界商業・経済の一大中心地として形成されていた。そのため、14~15世紀にかけて、多数の商業記録が編纂された。代表的な商業文献は、パチョウリの「算術・幾何・比及び比例総覧)(注、以下邦訳)(1494年)やカトウルギの「商業と完全なる商人」(1573年)などがある。
     15世紀末になると、新大陸の発見と東インド航路の発見によって商業革命が訪れる。その影響から..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。