【メディア】商学総論MA-理解度チェック2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,196
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「流通の生成とその発展について」
     流通の本質的要素を、商品の社会的移転に求めるとするならば、商品の人格的移転は古代経済時代にその原初的及び先駆的形態をみることができる。原始社会では血縁的集団としての原始的共同体単位で生産から消費に至るまでの経済循環を形成しており、交換という概念もなかった。このような共有財産制を原則としていたこともあって、共同体や家族の間ですら交換現象は存在していなかった。
     しかし、経済生活が発展するにつれ、自然的ないし文化的条件の異なる種族間での団体的直接交換が行われるようになり、交換の萌芽が芽生え始めてきた。そこからさらに個別経済単位の欲望が増加していき、自己では生産できない商品を他の個別経済単位体に求めるようになっていった。そこで各個別経済の消費欲望を充足させることのできるよう、各々が自然的ないし文化的条件のもとに商品生産を行い、分業が行われるようになった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「流通の生成とその発展について」
     流通の本質的要素を、商品の社会的移転に求めるとするならば、商品の人格的移転は古代経済時代にその原初的及び先駆的形態をみることができる。原始社会では血縁的集団としての原始的共同体単位で生産から消費に至るまでの経済循環を形成しており、交換という概念もなかった。このような共有財産制を原則としていたこともあって、共同体や家族の間ですら交換現象は存在していなかった。
     しかし、経済生活が発展するにつれ、自然的ないし文化的条件の異なる種族間での団体的直接交換が行われるようになり、交換の萌芽が芽生え始めてきた。そこからさらに個別経済単位の欲望が増加していき、自己では生産で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。