【合格レポート】行政学 分冊2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数535
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     「オンブズマン制度の基本的性格を論ぜよ。」

    オンブズマン制度とは、「市民を不当な行政権力から守るための制度」である。米国の政治学者ローワットはオンブズマン制度を以下のように定義している。それは

    1.オンブズマンは、立法府の独立した非党派
    的な機関であり、憲法ないし法律によって
    規定され、行政を監察する。
    2.オンブズマンは、行政の不法行為あるいは
    失政に対する一般からの特定の苦情を取扱
    う。
    3.オンブズマンは、調査・批判・公表・権限
    を持つが、行政行為を取り消す権限は持た
    ない。

    というものである。以上三つの特徴を全て内包したものが「オンブズマン」の名に値し、そのように限定された意味合いで使用されねばならないとローワットは説く。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     オンブズマン制度とは、「市民を不当な行政権力から守るための制度」である。米国の政治学者ローワットはオンブズマン制度を以下のように定義している。それは
    1.オンブズマンは、立法府の独立した非党派
    的な機関であり、憲法ないし法律によって
    規定され、行政を監察する。
    2.オンブズマンは、行政の不法行為あるいは
    失政に対する一般からの特定の苦情を取扱
    う。
    3.オンブズマンは、調査・批判・公表・権限
    を持つが、行政行為を取り消す権限は持た
    ない。
    というものである。以上三つの特徴を全て内包したものが「オンブズマン」の名に値し、そのように限定された意味合いで使用されねばならないとローワットは説く。このように「オンブズマン」制度を明確に定義づけることは、これが諸外国に普及した際に大きく役立ち、行政などの公権力を対象とする制度であることから、限定的に定義されてしかるべきであろう。
    世界初のオンブズマン制度は、1809年のスウェーデンにおいて設置された。「オンブズマン」の語源である「オンブード」とは、スウェーデン語で「代理人」を意味する。オンブズマン制度は、行政機関のひとつとして、北欧諸国において発..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。