【合格レポート】経営学 分冊1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数515
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     「平成17年に成立した『会社法』の特徴と、それが企業経営にどのような意味合いを持つかについて述べなさい。」

    平成17年6月に成立した「会社法」の特徴と、それが企業経営にどのような意味合いを持つかについて述べたいと思う。
     「会社法」とは、従来商法や有限会社法などにより規定され、ばらばらだった会社法制を一つの法典にまとめたものである。以下、その特徴を簡潔に記し、その後詳述する。
    1. 株式会社と有限会社の統合
    2. 最低資本金規制の撤廃
    3. 会社機関設計の多様化
    4. 合同会社の新設
    5. 合併対価の柔軟化
    6. 種類株の自由化

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     平成17年6月に成立した「会社法」の特徴と、それが企業経営にどのような意味合いを持つかについて述べたいと思う。
     「会社法」とは、従来商法や有限会社法などにより規定され、ばらばらだった会社法制を一つの法典にまとめたものである。以下、その特徴を簡潔に記し、その後詳述する。
    株式会社と有限会社の統合
    最低資本金規制の撤廃
    会社機関設計の多様化
    合同会社の新設
    合併対価の柔軟化
    種類株の自由化
    まず、1. 株式会社と有限会社の統合とは、
    両制度の法規制を一律化し、株式の譲渡制限をしている株式会社については有限会社同様の緩やかな規律を認め、定款によって会社機関を自由に設計できるよう、法規制を大幅に緩和したことである。これにより、有限会社法は廃止され、既存の有限会社は、①株式会社に移行するか、②「有限会社法の廃止に伴う経過措置」による「特例有限会社」となるかを選択することになった。
    次に、2. 最低資本金規制の撤廃とは、株式
    会社の設立に必要なそれを一時的にではなく、ほぼ完全に撤廃したものである。これにより、平成15年に施工された中小企業挑戦支援法の「設立後5年以内に最低資本金まで増資する」と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。