ツシマヤマネコの環境の適応について 【日大】 環境社会学

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数347
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【環境社会学レポート】
    ツシマヤマネコの環境の適応について

    今回は、日本に生息するツシマヤマネコとそれを取り囲む環境について調べた。

    ・ ツシマヤマネコとは
    ・ ツシマヤマネコを取り巻く環境
    ・ ツシマヤマネコが減少した原因
    ・ ツシマヤマネコと人間が共存していく為の環境とは

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    環境社会学レポート環境社会学レポート
    ツシマヤマネコの環境の適応についてツシマヤマネコの環境の適応について
    今回は、日本に生息するツシマヤマネコとそれを取り囲む環境について調べた。
    ・ ツシマヤマネコとはツシマヤマネコとは
    ツシマヤマネコとは日本の対馬に生息するネコ科の動物である。絶滅の恐れが高い
    絶滅危惧種IA類に指定されている。
    私が博物館でツシマヤマネコの剥製を見てまず感じたのは、キジトラ模様のイエネ
    コと似ているということだ。見た目は一般的に見かけるイエネコとほぼ同じで、体
    の斑点、額の黒白の縦縞、耳の後ろの白い斑点が特徴的だそうだが、実際にイエネ
    コとツシマヤマネコの写真を並べて見比べないとハッキリ分かりにくかった。帰宅
    後、インターネットの画像検索を利用し写真を数点並べて見比べて見た。すると、
    イエネコとツシマヤマネコの模様の入り方、斑点の濃さの違いがよく分かった。イ
    エネコは柄がハッキリ出ているものが多いが、ツシマヤマネコの斑点はぼやけてい
    る。耳もイエネコのそれより確かに少し小さく、丸みがかかっている。 また、剥製
    でも写真でも印象的だったのが、太い尻尾だ。尻尾だけはイ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。