人権(同和)教育 C評価

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数102
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括し、同和(人権)の意義と学校における同和(人権)教育実践のあり方を具体的に論述せよ。
    同和問題とは、部落差別にかかわる問題であり、部落差別とは、日本の歴史の歩みの中で、人為的・政治的につくられたものである。また、同和問題は「人類普遍の原理である人間の自由と平等に関する問題」であり、日本国憲法によって保障された基本的人権に関わる問題であると言われている。江戸時代の「穢多」「非人」という身分が、今日の部落差別につながっている。
    いわゆる同和問題とは、日本社会の歴史的発展の過程において形成された身分階層構造に基づく差別により、日本国民の一部の集団が経済的・社会的・文化的に低位の状態におかれ、現代社会においても、なお著しく基本的人権を侵害され、特に、近代社会の原理として何人にも保障されている市民的権利と自由とを完全に保障されていないという、深刻にして重大な社会問題なのである。  やがて、明治期になり、身分差別をなくすために「身分解放令」が出された。しかし、現実の社会生活にあっては、実質的な施策が伴わなかったため、「身分解放令」後も同和地区の人びとに対する差別と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。