教育原論 第1設題 A評価

会員1,296円 | 非会員1,555円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数99
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    子ども宗教社会学校発達道徳政治児童人間言語

    代表キーワード

    教育原論宗教

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ペスタロッチーの教育学(直感の原理など)について考察せよ。
    ペスタロッチーは1746年、スイスのチューリッヒで生まれた。大学在学中、貧民救済のために法学を学び、特に政治学・歴史学の教授ボートマーに魅了され、祖国への愛国心と政治改革に目覚め、「愛国者団」という政治結社を作り、政治運動を行った。1771年にノイホーフ農場を設立したが、顕在的困窮で1780年に閉鎖された。その後、友人の勧めで文筆活動を行い、ノイホーフでどのような教育実践が行われていたのかが記されている『隠者の夕暮れ』、民衆に貧困から抜け出すための教育や生活の方法について物語の形式をとって民衆向けに述べられた『リーンハルトとゲルトルート』が世間で好評だった。1801年にブルクドルフの古城に学校を開き、ヨーロッパにおける教育実験の中心地として注目されたが、この学校も3年半で閉鎖され、その後1805年にはイベルドンにまねかれて学校を開いた。この時期、彼の教育の技術は円熟し、名声は絶頂に達した。イベルドンの学校は20年にわたり世界へ大きな影響をあたえた。ここで生徒は書物よりも、実地と観察を通じて、生徒たちの諸資質の自然的発達をうなが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。