指導形態について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数474
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    子ども教師社会指導児童学習授業運動教員技術

    代表キーワード

    社会

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    各種指導形態について述べ、それぞれに適している領域及び授業状態又留意点などを考察せよ
    はじめに、現代の子どもたちの運動不足が問題となっているのは周知の事実である。運動の楽しさ、素晴らしさを知るために、正しい運動の仕方を教えることも重要な要因となる。指導形態にはいくつかの形態があるが、子どもに適した方法、そして教える内容に適した方法で指導を行うことが大切であり、より効果的なものになるのである。
    第一に「一斉指導」について考察する。この場合には、基本的にクラス全員を同じレベルとして取り扱う。この形態の最大の利点としては、教師の労力と時間の節約に効果的なことが挙げられる。適した領域や状態としては、新しい単元の導入時における動機付けやルールの説明、授業中の示範、また、基本の運動や基本的な技能の習得練習、そして集団行動などの団体行動の訓練がある。しかし本来、児童はそれぞれに授業に対する意識レベルや技術レベルが違うものであるので、いつもこの指導形態にだけに頼ってしまうと児童も意欲を減退させてしまい受け身の授業態度になってしまうことも考えられる。よって、自主性を育てるという観点からは十分に留意しなけ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。