児童を理解する

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数70
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童を理解することは、なぜ必要なのか
    理解を確かなものにするためには、どのようにすることが望ましいのかを、①どのような情報を集めるか、②どのように情報を集めるか、③どのように情報を生かすか、
    これらについてまとめなさい
    (1)
    現状の教育における問題である「いじめ」「不登校」「心身症」「学級崩壊」の発生の原因となりうる、児童の健康な発達における不足している部分を正確に把握することが必要である。それには児童を理解することが必要となり、それにより、それらの問題の発生前に対策を実施することが可能となるのである。例えばいじめに関して言えば、児童生徒の人間関係を何も知らない教師では、生徒同士のやり取りを見てもそれがただのじゃれあいとして認識され、実際にはいじめに発展する初期段階であるということが無いとは言い切れない。そのとき、もしも対象生徒間の人間関係を理解していれば、そのやり取りからいじめの可能性を疑い、調査や確認等次の段階に進むことができるだろう。後者のように児童を理解していれば、いじめの早期発見はもちろんのこと、いじめに発展する前に何か対策を考えることもできるのである。
     また、児童生徒の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。