不登校

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数101
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    不登校の児童について、(1)どのような原因が考えられるか、(2)不登校の児童が多くたどる経過と各段階での対応の在り方、についてまとめなさい
    (1)不登校はなぜ生じるのであろうか。これまでの不登校のタイプとして、①「母子分離不安タイプ」と、
    ②「良い子の氾濫タイプ」に分けられる。
    ①は、保育園・幼稚園等初めて、親から離れて自分ひとりで他社と生活しなくてはならないという不安から生じている不登園・不登校のタイプである。原因としては、環境的要因として新しい環境に適応するのに時間がかかる、母親から保育士・幼稚園教諭等の園場面での仮の母への行こうにつまずいている、母子関係の要因として母親の不安が高い、過保護であった、兄弟・姉妹がなく同年代の子どもとの体験が少ない、児童自身の要因として、病弱、不安が他児より高い社会的スキルの発達に遅れがある等をもつ児童に現れていた。
     ②のタイプは、乳・幼児期には手のかからない「おとなしくて良い子」が、抑圧していた願望を抑えきれなくなって親が最も大切にしている価値観である「学校」に行かないことで反抗心を示す。
     いずれにしても、家庭に対する思いが強く、思春期に入って..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。