教育の場としての家庭・学校・社会の関係

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数230
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境学校社会子ども文化家庭言語学校教育学習

    代表キーワード

    環境

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育の場としての家庭・学校・社会の関係に関する考察を、その論点を整理しながら解説せよ
     家庭、学校、社会は深い結びつきをもっている。「家庭での教育環境は子どもの安心感や存在承認の欲求が満たされ、そのうえで基本的習慣、能力、完成、言語などが付与されていくのだが、それが社会の一部として機能するとみなされたとき、子どもの性格や態度は公的性格をもつものとして理解されていく。近代社会において、たんに私集団化された環境下での教育はけっして十分ではなく、学校教育が家庭教育の補完を行うことにその意義がしばしばみいだされている」(105、106頁)とあり、近代社会において家庭教育で学びきれないことを学校教育が補うという関係性を述べている。このように、学校教育が家庭教育の補完を行う理由として、近代社会において、「家庭にかわる他の場所、施設、機会などが近代社会では存在」(105頁)していることが一つである。これにより、教育する場所が家庭の外へ飛び出してしまい、家庭に固有な教育が減少していったのである。
     次に学校という場が人間形成という点と公民(市民)教育とどのように関わってきたのかを考察する。ここで積極的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。