古代の教育から近代の教育まで

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数307
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)「古代の教育」から「近代の教育」までの流れにおいて、重要人物及び重要事項を中心に歴史の流れに従って述べよ
    (2)(1)で述べた教育の歴史が有する現代的意義を考察せよ
    (1)
     第一に「古代ギリシア・ローマの教育」について、古代ギリシアには、アテナイとスパルタという都市国家が存在した。前者は、国内問題や国防のための教育、後者は民主主義教育であった。
    前4・5世紀では、既成の知識の詰め込み教育であったソフィストの教育と、教育は助成とするソクラテスの教育が対立する。ソクラテスの弟子プラトンは、教育は結婚から考えるべきものとし、職業と教育において男女が平等であることを説いた。また、プラトンの弟子アリストテレスの教育思想は、教育の究極目的を「人間精神の陶冶」とし、個人主義的な傾向があった。古代ローマに入ると、共和制時代は家庭教育が中心であったが、帝政期に入ると学校教育が発達していった。
    次に「中世の教育」について、6世紀頃にはキリスト教的な教育へ移っていった。キリスト教に関わる信仰や習俗が継承される中で定型化されたものが教授されるようになっていったのである。8世紀頃になると、修道士以外の一..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。