生活科の指導原理

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数198
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    教師社会児童発達学校指導学習活動自然課題生活科

    代表キーワード

    教育

    資料紹介

    生活科が総合的生活学習としての性格をもっていると言われる理由をいくつかあげて具体的に論述しなさい

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「生活科の指導原理」4点について、各点を論と具体例から述べ、あなたならどう指導するか述べなさい
    1.具体的・直接的指導
    生活科は、具体的な活動や体験を重視する。教師が黒板を背にして教壇に立って教えたり、指示していくような形態ではなく、児童が自ら身体を動かし、意欲的に目的活動をしていくように仕向けることが大切である。思考と活動が未分化な低学年児童は、具体的な活動を通して思考することもできるのであり、その発達段階に適合した指導が求められるのである。
    ではそうした指導が効果的に展開されるためにはどうすればいいだろうか。まず、低学年児童に適合した具体的な課題をもたせていくことが挙げられる。例えば第1学年の単元「わたしの学校」における主な活動の「握手をしてなかよくなろう」などはそれに適合しており、私であれば真っ先に行う活動の一つである。友達と仲よく生活することは、入学当初の児童にとって直面する切実な課題となるのである。
    次に児童にとって魅力的な教材の選択が求められる。それに適合する活動として第2学年の単元である「植物をそだてよう」を行うのがよい。植物を育てたことのない児童は、どの作業をとっても大..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。