佛教大学通信教育部 S0101 教育言論 設題1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数226
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ』

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ』
     ペスタロッチーは、子どもには将来発展する素質が備わっており、この素質が子どもの内から発展するように助成するのが教育と考えている。彼は人間本性そのものの自主性の作用である教育の出発点を認めている。子どもは生まれながらには未だ動物的であるにすぎず、この動物的衝動を根絶することが教育なのであるという教育観に真っ向から反対している。子どもの内的本性に備わっていないものを、外部から注入することは教育にふさわしくない。したがってロックのようなタブラ・ラサ説とは異なる教育観を見出すことができる。すなわち子どもの本性は白紙ではなく、既に将来成長しうる能力を内的に有しているのでありる。この能力を自然に即した形で伸ばしていくことが重要であり、ペスタロッチーはこの教育観を「有機的・発生的」と呼んでいる。「本能はその力を失うことなく、認識に変わるべきですし、経験はその無邪気とその汚れのない感覚を、あらゆる形態における自然の観察のための犠牲とすることなく法則にかわるべきですし、また法則はその厳密さを緩めることなく、愛に変わるべきだ」と述べている。つ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。