佛教大学通信教育部 S0105 教育心理学 設題2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数295
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『適応・不適応の心理的機制、またそこからひき起こされる特徴的行動について説明せよ。』

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『適応・不適応の心理的機制、またそこからひき起こされる特徴的行動について説明せよ。』
     欲求充足を阻害する障壁や困難にぶつかった時に、それに対処する仕方を働かせる心的機能の基本となる機制、あるいは適応への努力を適応機制という。適応機制は、自覚的、理性的であるか、妥当なものであるかという観点から、正常なものと異常なものとに分けられる。
     適応機制は、破局や危機を防ぐという意味で、防衛機制とも呼ばれる。この場合、破局からの防衛であるが、防衛のもとにある動機は不安である。そこで、まず不安に対して防衛していかなくてはならないことになる。しかし、そのときには明確な破局が予見できないために、その防衛処置は現実的とはならず、かえって適応の困難を招きやすい、その意味で防衛機制それ自身、不適応の徴候とされることが多い。次に主な防衛機制を挙げて簡単に説明する。1、「抑圧」。心的エネルギーをそのまま発散させると、不安や破局を起こす恐れがあるとき、自我がそのような不安や破局を起こしそうな衝動やそれに結びついた観念や感情を無意識の中に押し込める働きを言う。このように抑圧された衝動や感情はもつれあってコンプレック..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。