佛教大学通信教育部 S8105 理科教育法Ⅱ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数603
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『(1)子どもたちが生活している「地域の自然」を教材化する必要性を2つの観点から解説せよ。(2)そのうち1つの観点から、あなたの居住している地域の自然を教材化した事例(授業の展開例)を示せ。』
     (1)日本の気候は北と南では著しく違い、そこに存在する自然、そこで起こる自然現象、動物や植物の種類は地域によって様々であり、じつに変化に富んでいる。ところが自然を対象とした理科教育は、この変化にとんだ地域の自然を教材化せず、全国どこに行っても同じ素材を使用して行われている。ではなぜ地域の自然を教材化することが必要なのだろうか。ここでは「子どもの自然の認識」と「理科教育・環境教育の目的」という2つの観点からその必要性を考える。
    1、子どもの自然の認識という観点から
    森一夫は自然認識には3つのレベルがあるという。第一のレベルは「事実認識」である。これは個別の事物あるいは現象をそのまま認識することである。この花は白いとか、花びらは八枚あるとかが例である。第二は「原理・法則的認識」である。これは、第一レベルの事物や現象にどのような法則があるか、またなぜそのような法則が成り立つのかを認識することである。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。