生徒指導・進路指導の研究(初等)課題レポートA判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数314
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2009年度 生徒指導・進路指導の研究(初等)レポート  
    『小学校において教育相談をおこなう場合、どのような点に注意しなければならないか。また、いじめ・不登校のいずれかをとりあげて説明してください。』 小学校や中学校における教育相談とは、・・・中略・・・保護者、担任、周囲の人間など本人を取り巻くすべての人が不登校であることを受け入れて、初めて改善に向かうのではないだろうか。これが不登校と向き合っていく第一歩だと思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『小学校において教育相談をおこなう場合、どのような点に注意しなければならないか。また、いじめ・不登校のいずれかをとりあげて説明してください。』
    小学校や中学校における教育相談とは、一人ひとりの児童・生徒が抱える教育上の諸問題について、本人またはその親、教師などに、その望ましいあり方について助言、指導することであり、個人のもつ悩みや困難の理解を援助することによって、その生活によく適応させ、人格の成長への援助をはかるものである。そして、教育相談の目的である生活への適応と人格的な成長のために、すべての子どもたちを一人ひとり理解して、それぞれの問題や悩みに対して対応する教育活動なのである。その対象は問題を抱えた児童・生徒のみではなく、すべての児童・生徒を対象として行われるべきである。さらに、教育相談には、問題を抱えた子どもの親と担任教師とが子どもへの対応を話し合ったり、子どもとの関係で悩む担任教師に同僚の教師が助言したり、不登校の子どもへの対処方法についてカウンセラーが学校で講演をしたりする働きかけも含まれている。
    教育相談は大きく3つに分類され、「開発的教育相談」、「治療的教育相談」、「予防..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。