明星大学 621図画工作科教育Ⅰ 2単位分

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数201
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    621 図画工作科教育Ⅰ 2単位分
    使用テキスト『図画工作科教育Ⅰ』稲村退三著(明星大学)
    1単位目
    テキスト内の「わが国の美術教育の変遷」(第1章、第5節)について、800字程度に大意要約し、その感想としての私見を200字程度で述べよ。
    絵画指導の意義と方法についてまとめよ。
    1 わが国の美術教育は、図画教育と工作教育でそれぞれ独立して存在していた。そして、戦争終結に至るまで両者は統合されず、別の歴史を歩んでいる。
     まず、図画教育に関しては、明治5年以後に普通教育の中に美術教育として取り入れられた。初期の図画教育は鉛筆画に始まり、明治14年頃からは毛筆画も取り入れられた。その後、大正デモクラシーを迎えると、従来の臨画教育の伝統に対して根本からの批判を加え、個性と創造を強調した自由画教育の提唱をする新しい運動が起こった。山本鼎の主張は「模写を成績とせずに創造を成績とする」ことであり、児童の個性や想像力を引き出す教育であるといえる。以前までのものとは違い、美術を手段とした教育である。この自由画教育論は、芸術に触れるという観点での批判を受けながらも、美術鑑賞に対して大きな影響を与えた。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。