【Z1001】日本国憲法リポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,330
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【S0536】人権(同和)教育リポート
    『法の下の平等について。』
    について主にテキストの内容をまとめ、作成したものです。
    日本国憲法からも参照しています。
    参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Z1001日本国憲法リポート課題
     『法の下の平等について。』
    について規定のページ数でまとめてあります。
    本資料の内容は主に生徒指導・進路指導の研究テキスト『有斐閣双社「憲法入門[第4版補訂版]」伊藤正己著2006年』を読み、作成されたものです。
    この資料は日本国憲法の内容も参照しています。
     法の下の平等について
     日本の最高法規である日本国憲法は、「基本的人権の尊重」「国民主権」「平和国家」という3つの柱を基本原理として成り立っている。「基本的人権の尊重」は、憲法11条において「国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。」と永久に保障されるものとされている。
     この基本的人権の最高目的のひとつである法の下の平等は、憲法14条1項において以下のように示されている。「すべての国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」。この中にある「法の下に平等」という言葉がある。これは、国民ひとり一人を法律..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。