【S8104】教育方法学1リポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,376
ダウンロード数50
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【S8104】教育方法学1リポート
    『従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。』
    について主にテキストの内容をまとめ、作成したものです。
    テキスト引用箇所など明記してありますので、自学に最適だと思います。
    参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S8104教育方法学1リポート課題
     『従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。』
    について規定のページ数でまとめてあります。
    本資料の内容は主に教育方法学1テキスト『佛教大学通信教育部「教育の方法と技術」西之園晴夫編著2004年』を読み、作成されたものです。
    引用ページ数なども記載してありますので、自学にお使いください。
     従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。
     現代の社会は「情報社会」とも、「生涯学習社会」ともいわれ、様々な情報にアクセスする機会や、これまでのどの社会と比べても格段に広がっている。一方、近年「教育改革」の名のもとで、学校教育は一律のものではなく特色のある、個性的で創意工夫にみちた教育活動を実施させていくよう転換がはかられている。これらの2つの動きは教育を、「受けさせられるもの」から「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。