【S8102】教育心理学1リポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数750
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【S8102】教育心理学1リポート
    『児童期、青年期において社会的認知(社会性の発達、対人関係(親・仲間))の拡がり、自己意識などがどのように変化するのかをまとめよ。』
    について主にテキストの内容をまとめ、作成したものです。
    テキスト引用箇所など明記してありますので、自学に最適だと思います。
    参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S8102教育心理学1リポート課題
     『児童期、青年期において社会的認知(社会性の発達、対人関係(親・仲間))の拡がり、自己意識などがどのように変化するのかをまとめよ。』
    について規定のページ数でまとめてあります。
    本資料の内容は主に教育心理学1テキスト『佛教大学通信教育部「改訂教育心理学」杉田千鶴子編著1999年』を読み、作成されたものです。
    引用ページ数なども記載してありますので、自学にお使いください。
    児童期、青年期において社会的認知(社会性の発達、対人関係(親・仲間))の拡がり、自己意識などがどのように変化するのかをまとめよ。
     児童期は、身体発達も比較的緩やかで情緒的にも安定した時期であるといわれる。しかしながら、子どもにとっては新たに始まる学校生活経験は発達の様々な側面に影響を与える。それは、授業などの学習活動による知的・心的発達だけでなく、親や教師との関係から仲間関係へとウェイトが移行するとともに、集団内での位置づけや役割が強く意識されることとなる。他者とのかかわりは、身体成熟の増大・早期化ともあいまって、子どもの自己意識の深まりに大きく作用する。小学校に入学し、新しい生..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。