【S8101】教育原論1リポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,224
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【S8101】教育原論1リポート
    『ハヴィガーストの発達課題について述べよ。』
    について主にテキストの内容をまとめ、作成したものです。
    テキスト引用箇所など明記してありますので、自学に最適だと思います。
    参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S8101教育原論1リポート課題
     『ハヴィガーストの発達課題について述べよ。』
    について規定のページ数でまとめてあります。
    本資料の内容は主に教育原論1テキスト『佛教大学通信教育部「教育学の基礎」田中圭治郎編著2005年』を読み、作成されたものです。
    引用ページ数なども記載してありますので、自学にお使いください。
     ハヴィガーストの発達課題について述べよ。
     「発達課題」とは、人間には発達応じた課題があるということを意味する。発達課題という考えはアメリカの教育学者ハヴィガーストが、その著書『人間の発達課題と教育』において積極的に述べている。ハヴィガーストは「個人が学ばなければならないもろもろの課題、すなわち生涯の発達課題は、われわれの社会において健全な成長をもたらすものである。発達課題は、個人の生涯にめぐりいろいろの時期に生ずるもので、その課題をりっぱに成就すれば個人は幸福になり、その後の課題も成功するが、失敗すれば個人は不幸になり、社会で認められず、その後の課題の達成も困難になってくる。」と言う。発達課題の概念は、学校における教育目標を発見し設定することを助ける点、さらに教育的努力..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。