【S0702】教科教育法数学1リポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数1,626
ダウンロード数73
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【S0702】教科教育法数学1リポート
    第1設題『数学教育の目標と評価についてテキストをもとに述べ、その後、自分の視点で考察せよ。』
    第2設題『集合・論理、数、代数、幾何、関数、微分・積分、確立・統計の中から一つを取り上げ、その数学の要点を記述するとともに、数学教育の視点から考察せよ。』(本資料では関数について)
    について主にテキストの内容をまとめ、作成したものです。
    テキスト引用箇所など明記してありますので、自学に最適だと思います。
    参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0702教科教育法数学1リポート課題
     第1設題『数学教育の目標と評価についてテキストをもとに述べ、その後、自分の視点で考察せよ。』
     第2設題『集合・論理、数、代数、幾何、関数、微分・積分、確立・統計の中から一つを取り上げ、その数学の要点を記述するとともに、数学教育の視点から考察せよ。』(本資料では関数について)
    のそれぞれついて規定のページ数でまとめてあります。
    本資料の内容は主に教科教育法数学1テキスト『佛教大学通信教育部「数学科教育法入門」黒田恭史編著2008年』を読み、作成されたものです。
    引用ページ数なども記載してありますので、自学にお使いください。
    数学教育の目標と評価についてテキストをもとに述べ、その後、自分の視点で考察せよ。
     数学教育の目標を考えるにあたり、①国が定める基準としての目標、②数学教育学研究の立場からの目標、③海外の教育との関係における目標の3つの立場が考えられる。
     まず、①の目標の代表的なものとして、中学校・高等学校の学習指導要領に記されている。その特徴を端的に述べると、数学学習によって、生徒が数学の原理獲得等を目指すとともに、数学を現実の事象に適..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。