【S0536】人権(同和)教育リポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,729
ダウンロード数68
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【S0536】人権(同和)教育リポート
    『50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括し、同和(人権)教育の意義と学校における同和(人権)教育実践の具体的なあり方を論述せよ。』
    について主にテキストの内容をまとめ、作成したものです。
    テキスト引用箇所など明記してありますので、自学に最適だと思います。
    参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0536人権(同和)教育リポート課題
     『50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括し、同和(人権)教育の意義と学校における同和(人権)教育実践の具体的なあり方を論述せよ。』
    について規定のページ数でまとめてあります。
    本資料の内容は主に人権(同和)教育テキスト『佛教大学通信教育部「同和教育実践:新たな人権教育の創造」後藤直・萩本善三・井川勝編著2005年』を読み、作成されたものです。
    引用ページ数なども記載してありますので、自学にお使いください。
    50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括し、同和(人権)教育の意義と学校における同和(人権)教育実践の具体的なあり方を論述せよ。
     「『同和教育』は、同和問題を解決するための教育の営みの総称である。」と言われている。この言葉には「部落解放運動」や「同和行政」など「同和問題を解決するための『教育以外の取組』」も含まれている。ここでは、「同和問題の解決に果たす教育の役割」について述べる。
     同和問題とは日本の歴史的発展の過程において形成された身分階層構造により、国民の一部の集団が経済的、社会的、文化的に低位におかれ、現代社会の原理として何人にも保障されてい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。