教育相談の研究 第1設題 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数646
ダウンロード数37
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育相談の研究のリポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。』
    1.はじめに
     学校現場では、いじめ・不登校・学級崩壊といった教育問題が大きな問題となっている。学校における教育活動では、これらの問題への適切な対応が求められており、そのためには、より深く子どもたちの心を理解し、適切な指導や援助を行っていく必要があると考えられる。本論では、今後ますます必要とされるであろう学校カウンセリングの意義、方法、今後の課題について述べていく。
    2.学校カウンセリングとは
     カウンセリングとは、一般的にクライエントの抱える問題・悩み等に対し、専門的な知識や技術を用いて相談援助を行うことにより、その人の持つ問題を解決へ導く活動、また、その人の人格的発達を促そうとする活動のことである。カウンセリングは大きく分けて二種類ある。一つは治療的カウンセリングであり、これは、クライエントに対してカウンセラーが専門的な知識と技術を用いて症状や病気を治療することである。もう一つは発達援助的カウンセリングであり、このカウンセリングは治療することが目的ではなく、子どもの人格がバランスよく発達を遂げるよう援助するこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。