教育行政学 第1設題 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数669
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育行政学の第1設題です。A評価でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『教育基本法の「改正」について論じなさい。』
     1.はじめに
     教育基本法とは、日本国憲法の精神に基づき、日本の教育の基本的なあり方を明示した法律である。1947(昭和22)年に成立し、戦後から現在に至るまで、教育の機会均等の実現や教育水準の向上に大きな効果をあげた。教育によって日本経済は大きく発展したと考えられ、教育基本法は、日本社会へ大きな影響を与えている。
     そこで本論では、改正前の教育基本法(以下、旧法とする)と現行教育基本法(以下、改正法とする)の比較や、改正された意義などを検討する。
     2.教育基本法について
     旧法は、教育制度の基本を、第二次世界大戦前のように、いわば上から押し付けられた天皇の命令である「勅令」で定めることにかえて、国民自らのものとして「法律」で定めることが憲法の精神に沿うものであるとして制定されたものである。この法律は、前文、本則11条及び附則の3つの部分で構成されている。
     前文はこの法律の成立の経緯について、本則は1条、2条及び3条で教育の目的、教育の方針及び教育の機会均等といった教育の基本原則について、また4条から11条においては、義務教育、男女..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。