教育社会学 第1設題 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数501
ダウンロード数35
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育社会学の第1設題です。A評価でした。
    「学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。」
     学歴社会とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する言葉であると考えられる。学歴社会とよく混同される言葉に高学歴社会があり、こちらは「高学歴者の多い社会」を意味する言葉である。日本はアメリカ合衆国、カナダなどとならび、数少ない高学歴社会のひとつである。
     現在、先進国、発展途上国を問わず、教育の充実は各国家、社会の最重要課題のひとつにあげられている。ここで注意したいことは、学歴社会が、ただ単に教育を重視する社会ではないということである。教育を重視する、という意味以上のものが学歴社会のなかの教育には存在するのである。
     学歴社会に対しては、古くからさまざまな批判がなされてきた。しかし、客観的に学歴社会を考察してみると、こういった社会になっていく、それなりの必然性が理解できるのである。まずは学歴社会の歴史背景から述べることにする。
     学歴社会が始まったのは明治時代である。明治初期の「富国強兵」に代表される欧米へのキャッ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。