物理化学 実験E-1

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数9
閲覧数454
ダウンロード数39
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    [目的]
    様々な有機溶媒の屈折率を測定して、原子屈折と分子屈折率に加成性が成立するを確認す
    る。さらに、水-エタノール、トルエン-ベンゼンの2成分系の屈折率と組成の関係を調
    べる。
    [原理
    モル分極 2-1)
    電場をかけることによって分子内の電子分布がひずみ、すべての分子に誘起双極子モーメ
    ントが生じる。
    ある分子に働く電場ℰint は、いくつかの寄与に分けて考えることができ、図 2.1より電極
    上の電荷、電極に接している誘電体の境界にある電荷、および
    分子を取り囲むものといして仮定された小さな空孔の表面に
    ある電荷のすべてが、その分子に働く電場に寄与すると考え
    られる。これらの項の総和はつぎのようになる。
    ℰint=
    ς
    ϵ0

    p
    ϵ0

    p
    3ϵ0
    式(2.1)
    ここで最後の項は空孔の電荷の寄与である。この項は、電極
    版に垂直な方向の電場の生成についてのその表面電荷の寄与
    を、その球の全表面にわたって積分することによって得られ
    る。ここで、
    ℰint=
    ς−p
    ϵ0
    または ℰint= ℰo −
    p
    ϵ0
    式(2.2)
    の関係式を用いるとσを消去..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。