ドメスティックバイオレンスについて

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数817
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    卒業論文などにも活用ください。
    ドメスティックバイオレンスについての論文です。

    プレゼンテーション構成表

    ■ プレゼンテーションの目的・課題
    「ドメスティックバイオレンスについて」

    ■ 序論(イントロ抱くション)
    DV対策や今後の課題に役立てる事を目的としてこのテーマにしました。

    ■ 本論(ボディ)
    メインポイントI《ドメスティックバイオレンスの種類について》
    1.身体的暴力
    2.神的暴力
    3.性的暴力
    4.子どもを利用した暴力


    メインポイントⅡ《ドメスティックバイオレンスの内容》
    1心理
    ①被害者の心理について

    ②加害者の心理について

    メインポイントⅢ《ドメスティックバイオレンスの対策》
    ①物理的・心理的心のケア

    ②心理的心のケア

    ■結論(コンクルージョン)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

               「ドメスティックバイオレンス」について
                           
    序論:
    DVとはドメスティックバイオレンスの略で、直訳すると家庭内暴力ということになるが、
    夫婦だけではなく、恋人、婚約者、同姓相手、元夫、以前つきあっていた恋人など親密な関係にある人からふるわれる暴力である。また、男性から女性からだけではなく、女性から男性に行われる場合もある。本稿では、今起きているDVの現状・歴史・背景・被害者や加害者に与える影響、被害者・加害者の心理について調べる。ここでは男性から女性に対してのDVを中心に考えていきたいと思う。さらに、DVにあった場合どうすればDVから逃れられるかその解決策、そして被害者に対してどのようにケアしていけばよいのかといった点について、DV対策や今後の課題に役立てる事を目的とする。
    本論:
    第一章《ドメスティックバイオレンスについて》
     A定義
    ドメスティックバイオレンス=Domestic Violence(以下DVと略す)とは日本語に直訳すると「家庭内の暴力」となる。しかし日本では、「家庭内暴力」というと親子間の暴力という印象..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。