アメリカ文学本論マークトウェイン・トムソーヤーについて

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数561
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

               マーク・トウェインの作品研究          
                               
                                 
    序論:
     『トム・ソーヤーの冒険』と聞くと、大体の人は読んだことがあるか、またはいつかどこかで聞いたことがある本ではないだろうか。幼い頃、私達は多くの本に出会いその物語の中で自分自身が主人公となり、いろいろな冒険をしてきた。この主人公のトムも私にとってそういう想像力で出会った主人公の一人であり大変興味深いものがある。
    本稿では、著者であるマーク・トウェインについて、またマーク・トウェインの作品、『トム・ソーヤーの冒険』『ハックルベリー・フィンの冒険』の2作品について述べたいと思う。
    本論:
    第一章《マーク・トウェインについて》
    A来歴
    マーク・トウェインは、アメリカ合衆国の国民的作家であり、当時最も人気のある著名人であった。本名は、サミュエル・ラングホーン・クレメンズ(Samuel Langhorne Clemens)である。トウェインは、6人兄弟の5人目として1835年11月30日にミズーリ州フロリ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。