児童学の社会学的基礎I 第2課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数227
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題第1設題
    現代日本における親子関係は、かつてないほど複雑な局面を迎えている。高度経済成長による家庭形態の変化、核家族化の一般化による育児負担の増大、仕事を持つ女性への子育て支援制度の遅れ、離婚等による家族の不安定化、目覚しい発達による生殖医療(体外受精、代理母等)などにより、親子関係は大きく変化をしてきている。親子関係において、親は子どもの養育者として子供と関わり、子どもは一人では生命を維持することさえできないので、親をはじめとする養育者と関わることになる。近代社会では、家族は子どもの初期の社会化を独占的に担うと位置づけられている。伝統社会においては、地域や親族ネットワークも子どもに直..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。