児童学の福祉学的基礎I 第1課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数968
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題第1設題
    児童福祉とは、児童に対して行われる福祉施策のことを指すが、その児童福祉のニーズが家庭機能の変化により多くなってきている。
    近年日本の社会は急速に変化を遂げてきた。今日の家庭をとりまく社会的状況を知る重要なキーワードは「少子高齢」であり、社会の中で子どものいる家庭というものがそもそも少なくなってきている。
    まず、家庭機能に変化をもたらした社会状況として挙げられるのが、都市化である。これに伴い地域における人間関係が希薄になり、住宅が郊外へと広がるにつれて職住の分離が起こって生活圏が拡大した。家庭・家族もこの影響を受けて個人単位で活動することが増加し、家族の個人化を招いた。特に都市..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。