理科教育法 第1課題第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数301
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポート
    (課題名)
    小学校理科の目標を分析的に説明し、さらに具体的にどのように指導するのか、指導の方法を事例を通して説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題第2設題
     小学校理科の目標は、自然に親しみ、見通しをもって観察、実験などを行い、問題解決の能力と自然を愛する心情を育てるとともに自然の事物・減少についての実感を伴った理解を図り、科学的な見方や考え方を養うことである。このような理解はこどもの発達につれて深められるものであるが、これが発展すればわたしたちの住んでいる地球や生物、において発展展開してきた根本の理法にまで進むものでなくてはならない。そのような人間の自然についての根本的な理解の概念に到達するものとし、こどもたちに学ばせなくてはならない目標を考える必要がある。次に掲げるもの(Ⅰ,~Ⅵ)は、このような立場にたち、子どもが何かを理解するために学習するときの方向を決めるものとして分析をしたのである。Ⅰ.宇宙は広大であってそこには一定の秩序が保たれている。Ⅱ.自然界には絶えず変化が起きている。Ⅲ.生物や無生物は多種多様である。Ⅳ.生物は環境に適応して生きている。Ⅴ.保健衛生上の注意は人々の生命を安全にする。Ⅵ.人は環境に適応する努力を続けた結果、その生活は進歩した。
    さらに具体的に指導の方法を、事例を通して説明したいと思う。今回..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。