★国語I★第2課題第9設題★

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数120
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国語Iの学習を終えて、改めて認識した日本語の優れた点について述べたいと思う。
    日本語の最大の長所は、その表記が意味をとりやすいことだ。日本語の漢字と仮名混じりの表記は、英語などのアルファベットによる表記と比べると、読んで意味がとりやすいようだ。また、漢字ばかりの中国語と比べても、漢字とかなの組み合わせにより区切りが分かって、意味が読み取り易い。このことは、数カ国語に熟達の評論家の加藤周一や、国語学者の金田一春彦が述べている。
    なぜ日本語の表記は、意味がとりやすいのか。それは、言葉の意味を表す名詞に漢語が多いからだろう。日本語でも、カタカナが多すぎると意味を読み取りにくくなる。
    振り返ってみると..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。