★国語I★第1課題第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数217
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本語には、平仮名、カタカナ、漢字、ローマ字、など多くの決まりがあり、違った体系のものを使っている言語は、世界唯一である。さらに、その漢字の読み方に、音読みと訓読みがあり、日常用いられる多くの漢字が「春」はハルとシュン、「秋」はアキとシュウのように、相互に関係の考えられない二つのようなことも、世界に例はない。
    また、日本語は文字で書き表しやすい言語である。日本人は、日本語を使いながら「梅」という言葉はウとメから出来ていると思っている。ウ・メなどは日本語の拍で、大体、仮名一字に相当する。一番小さい単位と意識している音を「拍」という。また「拍」は、特別の事情がないかぎり、同じ長さに発音されようとす..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。