★書写書道★第2課題2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数402
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    私たちが日常的に使っている漢字は、殷周時代の古文(甲骨文・金文)を経て、やがて篆、隷、草、行、楷という五種の書体をもつに至った。このうち楷書は他の四体よりずっと遅れて、およそ三世紀に芽生え、初唐の七世紀にその典型が確立されたといわれている。
    漢字の書体の一つである楷書の代表的古典について、いくつかの特徴を述べたいと思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題第二設題
     私たちが日常的に使っている漢字は、殷周時代の古文(甲骨文・金文)を経て、やがて篆、隷、草、行、楷という五種の書体をもつに至った。このうち楷書は他の四体よりずっと遅れて、およそ三世紀に芽生え、初唐の七世紀にその典型が確立されたといわれている。
    漢字の書体の一つである楷書の代表的古典について、いくつかの特徴を述べたいと思う。
    一つに、「九成宮醴泉銘」の楷書がある。
    九成宮醴泉銘は、能書家であった欧陽詢による唐の代表作であり、楷書を極めた「楷法の極則」と言われている名品だ。洗練された風格は楷書の一頂点を築いている。
    また、九成宮醴泉銘の特徴・素晴らしさは、楷書の極則とまで言われる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。